鼻水が喉に落ちる、咳が出る、痰が絡むなどの不快症状は後鼻漏が原因かもしれません。後鼻漏は睡眠などを妨げ自律神経にも不調きたすので生活のQOLを低下させる辛い不快症状です。
後鼻漏簡易チェックシート
・鼻をかんでもなかなか出ない
・鼻水が後ろへ流れる溜まる
・喉に鼻水が下がる落ちる
・喉の上方に違和感や不快感
・喉に痰が絡む
・咳や咳払いが頻繁に起こる
・声がハスキーになる
・口の中がネバネバする
・口臭が気になる
・睡眠に問題がある
後鼻漏はついら症状ですが漢方薬や東洋医学でケアが可能です。

症状の改善にはまず病を知る必要があります。

簡単に後鼻漏について知っていきましょう。

後鼻漏とは鼻粘膜で炎症が起こり、蓄膿症などになり、炎症による鼻水が出続け喉に流れてしまう病です。

後鼻漏とは鼻粘膜の炎症により

喉に鼻水が流れ続ける現象」のことでした。

では何故その現象が起こるのか見ていきましょう。

後鼻漏の原因は複数ありますが、多くは鼻炎の原因となるウイルスや細菌による鼻粘膜の炎症だと言われています。また慢性炎症による過剰な鼻水の分泌を行う免疫の過剰反応も要因と考えられています。
後鼻漏は慢性鼻炎から始まり、最終的には粘膜の慢性炎症による鼻水が落ち続ける現象なので、慢性炎症や慢性鼻炎を改善することは西洋医学では難しいとされています。

治療が難しい後鼻漏・・・

でも東洋医学なら異なる治療方法があります。

根本改善が気になる方は

ご相談は無料ですので一人で悩まないでお気軽にご連絡ください。

生活習慣の改善と

東洋医学なら後鼻漏を優しく改善できる

漢方生薬
漢方扱う東洋医学で後鼻漏を診ると問題は敏感な鼻粘膜と過剰に反応する免疫となります。
漢方扱う東洋医学では、後鼻漏に対し鼻粘膜の状態を改善する漢方でケアし、過剰に働く免疫に対しても寛容性を高める生薬を使うことでバランスを整えます。

兵庫県西宮市に根を張る漢方の老舗

相談薬局アール堂」では

辛い後鼻漏を漢方で優しく改善するお手伝いさせて頂きます。

相談薬局アール堂店主PR
東洋医学のカウンセリング
・問診により体の状態と症状の状態を把握する
・体と症状の双方にマッチする漢方薬を選択する

更に詳しく後鼻漏について知りたい方は下の記事をご参照下さい。

改善が難しい後鼻漏を東洋医学「漢方」で改善する

後鼻漏はウイルスやアレルギー性鼻炎により鼻粘膜が慢性炎症(蓄膿症・副鼻腔炎など)を起こし鼻水が喉の奥に流れ続ける症状です。一般的に症状が慢性化すると改善が難し…

営業時間中のご質問であれば、お電話でのお問い合わせが状況が伝わりやすく、お客様も当店も分かりやすいのでお勧めです。ご質問ご相談は無料です。

辛い症状に一人で悩まないでお気軽にお電話くださいませ。

お電話はこちらから

相談薬局アール堂では、お客様に対する有益な情報配信と、お気軽にご質問をお受けするために公式ラインアカウントを開設させて頂きました。

お悩みに対するご質問は無料ですので是非ご活用くださいませ。

ラインはこちらから(24時間受付)